1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NEC/北九州市教育委員会へ校務支援クラウドを提供

2013年3月27日

NEC/北九州市教育委員会へ校務支援クラウドを提供

NECは3月26日、NTT西日本と共同で、北九州市の幼小中特別支援学校210校、教職員約6000人が利用するために構築した校務支援クラウドが、4月から全面稼働すると発表した。

北九州市では、文書の電子化により、児童・生徒の成績管理や校務の効率化を図る、教職員が転勤時にスムーズに転勤先の業務を習得できる、高いセキュリティレベルで情報を一元管理するなどの観点から、校務のクラウドサービス利用を開始した。

このクラウドは、校務支援パッケージ「学びの扉 校務支援システム」を活用し、グループウェアや校務支援サービスをデータセンターからネットワークを通じて利用できる。

運用・管理については新たに専用のサービスデスクを設け、学校現場での負担を軽減するとともに、高度なセキュリティ環境を用意し、校務の情報化の安心・安全な運用を実現する。

問い合わせ先

NEC 文教・科学ソリューション事業部
webmaster@elsd.jp.nec.com

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21