1. トップ
  2. 教育事例
  3. 法政大学/2013年度新入生に「ICTスキル診断テスト」を実施

2013年4月3日

法政大学/2013年度新入生に「ICTスキル診断テスト」を実施

法政大学は1日、ICT(情報通信技術)教育・学習の向上のための新たな試みとして、2013年度の新入生を対象に、「ICTスキル診断テスト」を導入、実施すると発表した。

「ICTスキル診断テスト」の目的は、大学での授業を受ける際に、高校までに習ってきたICTの技術・知識について、そのレベルを自身で確かめてもらうためで、学生が自身のレベルを具体的に把握し、不足部分を補うためにどう授業を履修していけばよいのかの指針になるように考えた。

このテストは、Webを使って自分の好きな時間で受検することができる。Webサイトの案内に従って問題を解いていくと、その場で採点結果が出る。問題はカテゴリー別にもなっているので、受検の結果を、ICT教育科目の履修選択にも活かすことができる。

この「診断テスト」の結果について、個別の評価(成績)に利用することはないとしている。

関連リンク

法政大学

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録