1. トップ
  2. ツール・教材
  3. レノボ/「ThinkPad Helix (シンクパッド ヘリックス)」を発表

2013年4月10日

レノボ/「ThinkPad Helix (シンクパッド ヘリックス)」を発表

レノボ・ジャパンは9日、「ThinkPad Helix 」を発表した。

Lenovo「Thinkpad_Helix」 Tablet Style

「ThinkPad Helix」は、ディスプレイ部分(タブレット部分)をキーボード・ドックから取り外してタブレットとして使用できる。

外出時や会議の際にはタブレットとして使用し、ドキュメント作成時にはキーボードを取り付けウルトラブックとして利用する。

タブレットには、ウルトラブックとしてのスペックがすべて搭載され、タブレットとしての使用時にも高いパフォーマンスを発揮する。

CPUはインテルのCore i7とCore i5の2種類、メモリが8Gと4Gの2種類、液晶パネルは11.6インチ フルHD (1920 x 1080) IPSパネル、ディスプレイには、強度の高いコーニング社の「ゴリラガラス」を採用。

タブレットとキーボードに 約12時間駆動可能なバッテリーが内蔵(タブレット:約8時間、キーボード:約4時間)されている。

重量はタブレット本体が0.787㎏~0.835㎏、キーボードドック装着時1.61㎏~1.65㎏。

価格は想定市場価格が168,000円~235,000円 5タイプ。

発売は法人向けモデルが9日から、個人向けモデルが4月中旬から。

関連URL

詳細

問い合わせ先

レノボ・ジャパン
電 話:0120-80-4545

立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 6.24 with Classi お申込みは6月20日まで
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録