1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソニー/教育現場向け液晶プロジェクター5機種を発売

2013年4月26日

ソニー/教育現場向け液晶プロジェクター5機種を発売

ソニーは22日、タブレットやスマートフォンから無線で画像を転送でき、投写画面に文字や図形を書き込めるインタラクティブ機能も向上させたモデルなど、業務用プロジェクター「超短焦点液晶プロジェクター『VPL-SW536C』」「業務用液晶プロジェクター『VPL-EW276』」の2シリーズ(5機種)を発売した。

今回発売したすべての新機種に、タブレットやスマートフォンから無線で画像を転送できる機能を搭載。

手持ちの端末に対応ソフトウェアをダウンロードすることで、静止画ファイルやPDF、PowerPointファイルの画像を端末からプロジェクターへ無線転送できる。

この機能により、生徒一人ひとりの端末画面をクラスメイトと共有しながらグループワークやディスカッションを行なう参加型授業が行える。

「超短焦点液晶プロジェクター『VPL-SW536C』」は、大型(70インチ)のスクリーンに短距離で投写が可能。

付属のペンで投写画面に文字や図形を書き込める「インタラクティブ機能」があり、さらに授業に便利な図形描画ツールや定規・コンパスなどのアシスタントツール、手書き文字の自動整形機能などを搭載した。

また、書込み内容を録画し動画ファイルとして保存することができる。

「業務用液晶プロジェクター『VPL-EW276』」は、入力端子を複数備え、小・中規模教室の使用に適したモデル。

発売日は、「超短焦点 液晶プロジェクター『VPL-SW536C』(3100ルーメン/WXGAモデル)が6月。その他4機種は5月の予定。

ソニーの業務用液晶プロジェクターは独自開発のLCDパネルを搭載しているため、高い色再現性により、理科や美術の授業などで鮮明な映像資料による教育が行うことができる。

ソニーでは、インタラクティブ機能や、高輝度で鮮明な映像投写が可能なこれらプロジェクターを、教育現場へ向けて提案を強化するとしている。

問い合わせ先

ソニービジネスソリューション 業務用商品相談窓口
電 話:0120-788-333

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21