1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 大阪国際学園/マンガでわかる「ソーシャルメディアの危険な落とし穴」を公開中

2013年5月14日

大阪国際学園/マンガでわかる「ソーシャルメディアの危険な落とし穴」を公開中

大阪国際学園は、ソーシャルメディアのリスクについて注意喚起を行うため、マンガを取り入れた小冊子「ソーシャルメディアの危険な落とし穴」のPDF版をWeb上に公開している。

大阪国際学園は2011年12月、大阪国際滝井高校と大阪国際大和田高校の全生徒1319人を対象にソーシャルメディアの利用実態についてのアンケートを実施。

両校では、「ごく一部の生徒が利用」と予想する教員も多かったが、Twitter、mixi、Facebookの利用率はリクルート調べの全国平均に近く、日常的に「書き込み」をする生徒が滝井高校で61.9%、大和田高校で45.8%だった。

そこで、生徒等への被害を未然に防ぐため、小冊子を作成し昨年6月に7500部発行し学生、教職員に配布した。

今年4月には、注意喚起として、PDF版をインターネット上に公開し、生徒や教職員に周知した。

多くの人に参考にしてもらうため、ファイルは外部からの閲覧も可能。

マンガは人気イラストレータの沼田 健氏、制作はアサック。

関連URL

『ソーシャルメディアの危険な落とし穴』

問い合わせ先

大阪国際学園
法人本部事務局広報課
電 話:06-6907-4325(直通)

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21