1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル/韓国 ハンビット初等学校に「T-CAT」を導入

2013年5月16日

チエル/韓国 ハンビット初等学校に「T-CAT」を導入

チエルは15日、韓国京畿道坡州市のハンビット初等学校に、タブレット対応の授業支援システム『T-CAT(Tablet Computer Assisted Tool)』を導入し、7月より共同研究を開始すると発表した

2014年3月に日本市場で発売予定の製品企画の向上を目指し、玉川大学教職大学院の堀田龍也教授と富山大学人間発達科学部の高橋純准教授のコーディネートで、7月から共同研究を開始する。

研究成果は、2014年3月発売予定の日本国内向け仕様のタブレット対応(Windows 8、iPad)授業支援システムの製品企画やマーケティング活動に活用する。

韓国名「T-CAT」の日本名は未定

問い合わせ先

チエル マーケティング推進室
電 話: 03-6712-9721
chieru-info@chieru.co.jp

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録