1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日本マイクロソフト/関東学院大学のメールサーバ構築事例を公開

2013年6月3日

日本マイクロソフト/関東学院大学のメールサーバ構築事例を公開

日本マイクロソフトは5月30日、関東学院大学のメールサーバ構築の事例をWebサイト上に公開した。

ITインフラの構築と運用のパートナー企業である富士通の提案で、Microsoft Office 365 Education と、富士通が構築するオンプレミスのActive Directoryフェデレーションサービス (ADFS) サーバーによる認証と卒業生向け「生涯メール」受付フォーム、そして、メールのログ保存を連携させた。

2013 年 3 月から運用を開始した新しいメールサービスは順調に稼働し、メールボックス容量も 25 GB に拡張したことなどから、学生、教職員、卒業生など 1 万 5000名弱のユーザーの満足度も上がったという。

関東学院大学は、メールシステムとして外部のクラウドサービスを2008 年から利用してきたが、メールボックスの容量が 1 GB で不足してきたこと、パスワードクラッキングの動きが出てきたこと、クラウド サービスにもかかわらずアップデートが行われないなどの問題から、新しいメールサービスの導入を決定した。

なお、オンプレミスとは、情報システムを使用者が管理する設備内に設置して運用するもの。

関連URL

詳細

問い合わせ先

マイクロソフト カスタマー インフォメーションセンター
電 話:0120-41-6755

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21