1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 出展社100社で「New Education Expo2013東京」スタート

2013年6月6日

出展社100社で「New Education Expo2013東京」スタート

教育関係者向けのセミナー&展示会「New Education Expo2013東京」が、東京有明の東京ファッションタウンビルでスタートした。

「フューチャークラスルームライブ」遠隔授業を体験しよう!

開催期間は6日~8日の3日間。出展社数は約100社、来場者数は主催者見込みで8000人となっている。

フューチャースクール事業の実践事例、アクティブラーニングや教育のオープン化(MOOCs)の最新動向、校務のクラウド化やタブレット端末、電子黒板、デジタル教科書について、「現場の教師の活用事例」から「国の教育ビジョン」の最新事情まで集まった。

4Kディスプレイに映るミジンコと「4K対応顕微鏡」

会場には4Kディスプレイに対応する顕微鏡が参考出品されており、ミジンコの心臓の拍動、触角の先の超微細な繊毛の様子などが、ハイビジョンの4倍の高精細、大画面で見られるなど来場者の注目を集めていた。

基調講演は6日が坂東久美子文科省高等教育局長による「今日の大学改革」、7日が慶応大学大学院中村伊知哉教授の「デジタル教科書、第二ラウンド」となっている。

そのほか、セミナーが3日間で48コマ、フューチャークラスルームのライブ授業が3日間で9コマ用意されている。

8日には筑波大学附属小学校の40 名の生徒による、一人一台のタブレット端末を活用した公開授業も開催する。

受付は締め切っているが、当日受付も可能。

入場は無料。

関連URL

詳細

問い合わせ先

New Education Expo 実行委員会 事務局
内田洋行 教育総合研究所内
電 話:03-5634-6397

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21