1. トップ
  2. ツール・教材
  3. JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

2013年6月12日

JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

電子情報技術産業協会(JEITA)は11日、「どっちにするの?紙とデジタル」を発行した。

JEITAのプリンター専門委員会が、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授とともに、紙とタブレット端末を使って、さまざまな実験やアンケート調査により、脳の働きを研究してまとめたもの。

「どっちにするの?紙とデジタル」では、シーン別に紙とタブレット端末のそれぞれの優位点について掲載している。

仕様ほか

サイズ:A4判
頁数:54頁
発行:2013年6月
価格:会員 1050円/会員外 2100円

問い合わせ先

お問い合わせフォーム

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録