1. トップ
  2. ツール・教材
  3. JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

2013年6月12日

JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

電子情報技術産業協会(JEITA)は11日、「どっちにするの?紙とデジタル」を発行した。

JEITAのプリンター専門委員会が、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授とともに、紙とタブレット端末を使って、さまざまな実験やアンケート調査により、脳の働きを研究してまとめたもの。

「どっちにするの?紙とデジタル」では、シーン別に紙とタブレット端末のそれぞれの優位点について掲載している。

仕様ほか

サイズ:A4判
頁数:54頁
発行:2013年6月
価格:会員 1050円/会員外 2100円

問い合わせ先

お問い合わせフォーム

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録