1. トップ
  2. ツール・教材
  3. KDDIほか/「ソラテナ」データを研究教育目的にオンライン提供

2013年6月13日

KDDIほか/「ソラテナ」データを研究教育目的にオンライン提供

KDDI、ウェザーニューズ(WNI)、東京大学は、11日から、「Live E! プロジェクト」を通じて、「ソラテナ」と「Live E! プロジェクト」システムが生成する気象デジタル情報 (気象ビッグデータ) をオンラインで研究教育目的の利用者に提供するサービスを開始した。

KDDI、WNI、東京大学は、気象観測情報のビッグデータのシステムアーキテクチャをどのように活用するかの共同研究を2012年度より行ってきたが、その過程で産学連携研究コンソーシアム「Live E! プロジェクト」との協調・連携も進んだ。

今回、「Live E! プロジェクト」のメンバーのユビキタス社 の技術支援を得て、「ソラテナ」と「Live E! プロジェクト」が生成する気象ビッグデータを統合し、「Live E! プロジェクト」を通じて提供する。

それに伴い、「ソラテナのデータの見える化デモシステム」をWeb公開した。

提供する気象ビッグデータには、「研究開発目的に使用すること」という以外の制限はなく、ビッグデータの研究開発を推進している研究組織や、高専・専門学校、高校・中学などの、教育・研究のデータセットとして利活用されることを期待している。

「ソラテナ」はKDDIの全国約3000店のショップに、気象観測装置を設置してデータを取得分析し、アプリを使ってスマホで情報を提供するサービス。

「Live E! プロジェクト」は、個人や組織によって設置運営される「デジタル百葉箱」などが自律的に生成・取得する、気象情報や都市活動に関する情報など、広義の地球 (Earth) に関する生きた (Live) 環境 (Environment) 情報が自由に流通し共有される電子 (Electronics) 情報基盤を形成発展させ、自律的で自由な環境情報の利用法、安心安全で効率性の高い活動空間 ( = 環境) の創造を目指すプロジェクト。

関連URL

SORATENA x LiveE!「ソラテナのデータの見える化デモシステム」

問い合わせ先

KDDI 広報
電 話:03-3347-0077

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21