1. トップ
  2. 教育事例
  3. 大分県教委/タブレット端末活用で表現力などを育成

2013年6月19日

大分県教委/タブレット端末活用で表現力などを育成

大分県教育委員会は14日、タブレット端末を活用した新しい学習への取り組みとして、大分県立三重総合高校メディア科学科での取り組み内容をWebサイトに公開した。

三重総合高校メディア科学科では、1年生全員(40名)にAppleのiPadmini(アイパッドミニ)を配布するとともにネットワーク環境などを整備。

タブレット端末を活用し生徒がプレゼンテーション(発表)などを行い、「豊かな表現力」と「コミュニケーション能力」を育成するための学習を始めた。

5月8日のタブレット端末導入初回の授業では、商業科主任の堤 雄思郎教諭が、iPadminiを使用し学習する際のモラルやマナーなどを説明。

その後生徒は、自分たちが3年間使用するiPadminiに保護シールを貼るなどの作業を行い、電子黒板に映し出された設定手順を確認しながらネットワークへの接続設定など、起動するまでの初期設定作業を行った。

大分県教育委員会では今後、授業や活動の様子を随時掲載していく予定。

関連URL

タブレット端末等を活用した新しい学習への取組(第1段)

問い合わせ先

大分県教育委員会 教育財務課情報化推進班
電 話:097-506-5464

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21