1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通/日本福祉大学の教育研究用情報環境を災害に備えて刷新

2013年7月3日

富士通/日本福祉大学の教育研究用情報環境を災害に備えて刷新

富士通は2日、日本福祉大学の教育研究用情報環境を刷新したと発表した。

地震などの災害に備え、パブリッククラウドサービス「FUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5 専用サービス」を活用し、全学メールシステムとホームページのバックアップシステムを、富士通の関東地域データセンターに構築した。

被災で東海地域のデータセンターが利用できない場合に、このシステムでの運用に切り替えれば、学生・教職員、保護者・家族、地域に向けた情報発信ができる。

新規にネットワークに接続するすべての機器を一元的に管理でき、パソコンやスマートフォン、タブレット端末の不正な接続を防止するIT機器管理システムも構築した。

日本福祉大学は、教育研究用情報環境のセキュリティを強化しながら、システム管理・運用負荷を大幅に軽減できるという。

関連URL

詳細

問い合わせ先

富士通 コンタクトライン
電 話:0120-933-200

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録