1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 立命館大学/祗園祭を疑似体験できるミュージアムを13日から公開

2013年7月9日

立命館大学/祗園祭を疑似体験できるミュージアムを13日から公開

立命館大学は、祗園祭の山鉾巡行の超高精細CG、巡行時の振動や音、懸装品の触感などをバーチャルリアリティ技術で疑似体験できる「デジタルミュージアム」研究プロジェクトの作品11点を、13日から18日まで立命館大学朱雀キャンパスで展示・一般公開する。

作品は、研究プロジェクトの主なテーマである「京都祇園祭の山鉾行事」をバーチャルリアリティなどメディア情報処理技術で再現・保存する研究から生まれたもので、一般に公開し、生きた技術としての体験を提供することを目的としている。

会場には、山鉾巡行の振動や音を仮想空間で体験できる作品や、山鉾の懸装品の表面の凹凸の触感をデジタル技術でバーチャル体験できるシステムや船鉾、大船鉾の再現CGなどを展示。子どもから大人まで幅広く、祗園祭を疑似体験することができる。

展示概要

期 間:2013年7月13日(土)~7月18日(木)
時 間:10:30~17:00
会 場:立命館大学朱雀キャンパス1F ロビー
入場料:無料

関連URL

展示内容の詳細

祗園祭デジタル・ミュージアム展のチラシ

問い合わせ先

立命館大学リサーチオフィス
電 話:075-465-8476

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21