1. トップ
  2. データ・資料
  3. IICP/「青少年のネット調査」自分はネット依存だと思う高校生が40.4%

2013年7月11日

IICP/「青少年のネット調査」自分はネット依存だと思う高校生が40.4%

情報通信政策研究所(IICP)は5日、「青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査」の結果をWebサイトで公開した。

これによると、情報通信機器の利用状況についての全体回答で最も多かったのは「パソコン(タブレット端末除く)」で90.9%。以下、「ゲーム機」が74.6%、「スマートフォン」が45.4%、「フィーチャーフォン」が37.6%、「タブレット端末」が13.2%と続く。

「パソコン(タブレット端末除く)」の回答を学生別でみると、小学生75.9%、高校生96.0%、大学生98.3%、社会人95.0%となった。

ネットを利用することによる影響の問いでは、「自分はネット依存だと思う」と回答した人の割合は全体の28.0%と3割近くにのぼった。学生別でみると、高校生が40.4%と高い結果となった。

また、ネット利用のために犠牲にしている時間についてでは、犠牲にしている時間がある人は57.2%と過半数となった(回答では犠牲にしている時間はない、が42.8%)。

犠牲にしている時間として最も高い項目では「睡眠時間」が37.1%、次いで「勉強の時間」が31.9%となった。

この調査は、2013年2月8日~2013年2月12日の期間にインターネット上で行い、小(4~6年生)・中・高校生と大学生・社会人(25歳まで)の男女2609名から有効回答を得たもの。

問い合わせ先

IICP

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21