1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 東京大学ほか/折り曲げても動作する有機LEDを開発

2013年7月30日

東京大学ほか/折り曲げても動作する有機LEDを開発

東京大学 大学院工学系研究科と科学技術振興機構(JST)は29日、平米(㎡)あたり3gと世界最軽量で2μ(マイクロ)mの薄さで、さらに折り曲げても動作する柔らかい有機LED(発光ダイオード)の開発に成功したと発表した。

この研究は、東京大学 大学院工学系研究科の染谷隆夫教授、関谷毅准教授らが、JST課題達成型基礎研究の一環として進めていたもの。

開発の決め手となったのは、表面が粗い1μm級の高分子フィルムに、ダメージを与えずに有機LEDを製造する低温プロセスだという。

今回の研究により、柔らかい有機LEDの超軽量化・超薄型化が達成されたことで、今後、あらゆる曲面に張り付けられる有機LED照明や、有機LEDディスプレイの光源など多方面への応用が期待されている。

携帯電話やスマートフォンの軽量化・薄型化にもつながるという。

問い合わせ先

東京大学 広報室
電 話:03-5841-1790
科学技術振興機構 広報課
電 話:03-5214-8404

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21