1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. デジタルハリウッド大学/タブレット教育の可能性を探るシンポジウム開催

2013年8月1日

デジタルハリウッド大学/タブレット教育の可能性を探るシンポジウム開催

「タブレット教育によるシンポジウム」

デジタルハリウッド大学は7月29日、小中学校の教育現場に携わる教職員を対象に「タブレット教育によるシンポジウム」~教育現場におけるタブレット活用の可能性~、を開催した。

タブレットの持つ意味と可能性、そして教育への応用はどうあるべきかを考えるため、美術教育などの実例を上げて、教育現場全体で考えようというもの。

南雲教授(左)石戸理事長(中)岡田調査官(右)

パネラーは、デジタルハリウッド大学 南雲治嘉教授、CANVAS 石戸奈々子理事長、文部科学省初等中等教育局教育課程科 岡田京子調査官の3名。モデレーターはジャーナリストの堀潤氏が務めた。

南雲教授はタブレットが導入されつつある現状について、「タブレットは操作が簡単で教育に活用できる可能性はあるが、展示会などを見てもまだまだコンテンツが貧弱だ。ゲーム化しすぎではないか、との指摘もある。今後、教師の意見なども入れて一緒になって教材を作っていくことが大切だ」と分析した。

タブレットで説明する南雲教授

また、教育現場の受け入れ体制については、自身が実証研究をするために協力してくれる幼稚園を探すのに苦労したこと、「うちの子どもはデジタルなしで育てる」と強硬に拒否する園長がいたことなど、受け入れ側の意識が高まっていない状況を語った。

タブレットを使う参加者

1人1台が参加者に配布されたタブレット体験では、写真を撮ったり絵を描いたりといった美術教育に使える機能が紹介された。南雲教授から、タブレットをたたき続けて絵を描く教師たちの反応が、はじめてタブレットに触った子どもたちと同じだとの指摘があり、会場が湧いた。

デジタルハリウッド大学では、8月30日に岩手県大船渡と東京、金沢の3拠点を結び、タブレットを使った美術教育のワークショップをインターネット生中継する予定。

関連リンク

未来を咲かせるプロジェクト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21