1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日本マイクロソフト/日本語版マーケットプレイスオープン

2013年8月2日

日本マイクロソフト/日本語版マーケットプレイスオープン

日本マイクロソフトは7月31日、新しいOfficeやSharePointで利用できる、クラウド対応のアプリケーション ”Office 用アプリ ” “SharePoint 用アプリ” を提供するアプリ マーケットプレイスの日本語版を正式オープンした。

日本語版アプリマーケットプレイスでは、世界中の開発者やソフトウェアベンダーが提供するアプリを無償、有償でダウンロードできる。

日本の開発者やソフトウェアベンダーもマーケット プレイスへのアプリ登録や対応を表明しており、実用的なアプリが登場する予定。

新しいOfficeやSharePointでは、Office 用アプリ、SharePoint 用アプリと呼ばれるクラウド対応のアプリケーション開発フレームワークが採用され、JavaScriptやRESTなどのWeb技術の組み合わせで開発されている。

このため開発者は、既存の技術知識やアプリケーション資産を活用し、すばやく柔軟にアプリを開発でき、マイクロソフトが提供するOfficeストア上のマーケットプレイスで販売、利用することも可能。

マイクロソフトは、このクラウド対応のアプリケーション開発フレームワークを企業内や、組織内で独自開発できるように、トレーニングやパートナーによる支援サービスの提供を予定している。

新しいOfficeやSharePointでは、クラウド対応のフレームワークの採用で、ユーザーは、クラウドの能力をデスクトップやポータルから活用できる。

関連URL

詳細

問い合わせ先

日本マイクロソフト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21