1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アセンテック/村田学園がシンクライアントを導入しデスクトップ環境を刷新

2013年8月21日

アセンテック/村田学園がシンクライアントを導入しデスクトップ環境を刷新

アセンテックは20日、村田学園の運営する3つの教育機関が、同社が提供する「Wyseシンクライアント」と、ソフトウェアの「Citrix XenApp」を導入し、デスクトップ環境を刷新したと発表した。

村田学園は、クライアント端末台数の増加や老朽化に伴う、ハードウェアやソフトウェアの刷新やメンテナンスに要する管理負荷の増加、教育カリキュラムへの迅速な対応などのために、一元管理可能な仮想デスクトップ環境に移行することを決定。

2011年に、教育研究情報センターのサーバルームから各校の教室や職員室の端末にアプリケーションを配信・管理する仕組みを整えた。2013年からはPC教室で順次展開し、7月には短大の事務局への導入が始まっている。端末には「Wyse T10シンクライアント」が、ソフトウェアには「Citrix XenApp」を選択し、デスクトップ仮想化を実現した。

問い合わせ先

アセンテック

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21