1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通/青山学院大学に授業支援システム「CoursePower」導入

2013年8月30日

富士通/青山学院大学に授業支援システム「CoursePower」導入

富士通は29日、青山学院大学が教育研究用サーバーを統合、ICT基盤を刷新し、全学共通の学習管理システムとして、富士通の大学向け授業支援システム「CoursePower(コースパワー)」の運用を開始したと発表した。

学内の研究室や教室に分散していた合計80台のサーバーを、青山キャンパス9台、相模原キャンパス14台のサーバーに統合。

富士通のパソコン運用支援パッケージ「MAGICLASS瞬快」の導入でパソコン教室や研究室で使用するパソコン4468台の運用管理業務を一元化し、ICT運用管理コストの5割削減を実現した。

また、授業支援システム「CoursePower」を導入し、教員や学生が、教室や自宅のパソコンでインターネットから学内のサーバーにアクセスして、教材や授業の記録、出欠状況、テスト結果などを参照できる環境を構築。

「学びチャート」機能により、「CoursePower」に蓄積される学習履歴データから、学生一人ひとりの予習・復習・講義への参加状況を分析し、積極性、計画性、継続性などの学習行動の特徴をチャートで示すことができる。

教員は、適切な個別指導を実現でき、学生は自己の学習行動の特徴を把握することが可能となった。

関連URL

授業支援システム「CoursePower」紹介サイト
パソコン運用支援パッケージ「瞬快」紹介サイト
仮想化統合ソリューション「VMware on PRIMERGY」紹介サイト

問い合わせ先

富士通コンタクトライン
電 話:0120-933-200

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21