1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/2014年度予算にICT教育関連で22億円を計上

2013年9月2日

文科省/2014年度予算にICT教育関連で22億円を計上

文部科学省は8月30日、2014年度予算における文部科学関係概算要求を公表した。

2014年度における文部科学関係予算の要求・要望額は5兆9035億円。対前年度比で10.2%の増加となった。

ICT教育関連の予算では、「情報通信技術を活用した学びの推進」におよそ22億円を計上。

その内訳を見ると、先導的な教育体制構築事業に3億8200万円を計上。総務省と連携し、10地域を対象に、学校間、学校・家庭が連携した新しい学びを推進するため、教員のICTを活用した指導方法の開発や研修体制構築など、先導的な教育体制の構築に取り組むための研究を実施する。

また、確かな学力の育成に資する授業革新促進事業に16億8600万円を計上。2014年は40地域を対象に、子供たちにとって分かりやすい授業を実現し主体的な学びを推進するため、ICTを活用した授業の促進を図るための拠点づくりを支援する。3年間で100地域まで対象を拡大する予定。

その他のICT教育関連の予算として、教育用コンテンツ奨励事業に3300万円、ICTを活用した課題解決型教育の推進事業に1億4500万円を計上。

教育用コンテンツ奨励事業は、教育上価値が高く、学校教育や社会教育に利用されることが適当と認められる教育映像などの審査に、新たにデジタルコンテンツ部門を設置し、デジタルコンテンツ作品の普及、利用促進を図る。

ICTを活用した課題解決型教育の推進事業は、小中学校からのプログラミング教育などに対応した教員向け指導手引き書などを作成するとともに、多様な端末においてデジタル教材などの活用を可能とするために、デジタル教材などの制作・流通基盤の構築を推進するとしている。

関連URL

文部科学省

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21