1. トップ
  2. ツール・教材
  3. エルゼビア・ジャパン/「大学における研究戦略の取り組みと図書館データベースの活用」を講演

2013年9月12日

エルゼビア・ジャパン/「大学における研究戦略の取り組みと図書館データベースの活用」を講演

エルゼビア・ジャパンは、10月29日~31日にパシフィコ横浜で開催される第15回図書館総合展で「金沢大学における研究戦略立案と図書館データベースを用いた研究力分析」と「Scopusで大学の研究力を分析 ~その使いこなし例~」の講演を行う。

研究戦略立案のための研究力分析における図書館データベースの利用事例の紹介と、図書館データベースの新たな利用法や課題について考える。

Scopus(スコーパス)は、大学や研究機関で利用される情報収集の効率化を図る文献検索と、研究成果の評価・分析ができるツール。

開催概要

日 時:10月30日(水) 13時00分~14時30分 第1会場
講演1:「金沢大学における研究戦略立案と図書館データベースを用いた研究力分析」
講 師:鳥谷真佐子 (金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 リサーチ・アドミニストレーター)
講演2:「Scopusで大学の研究力を分析 ~その使いこなし例~」
講 師:恒吉有紀(エルゼビア・ジャパン株式会社 Scopusプロダクトマネージャー)

問い合わせ先

エルゼビア・ジャパン

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21