1. トップ
  2. ツール・教材
  3. パーソナルメディア/XPサポート終了対策 大量PC廃棄時のデータ消去ソフト

2013年9月12日

パーソナルメディア/XPサポート終了対策 大量PC廃棄時のデータ消去ソフト

パーソナルメディアは11日、ハードディスクのデータ消去ソフト「ディスクシュレッダー4・XP」を、18日から 2013年12月末までの期間限定で販売すると発表した。

「ディスクシュレッダー4・XP」は、廃棄パソコンなどのハードディスクに保存されていたデータを、履歴や断片なども含めて完全に抹消することで情報漏洩を防ぐデータ消去ソフトの最新版。

今回、消去方式である「NSA推奨方式」や、パソコン大量廃棄時のIT資産管理に役立つ「消去ログ機能」を追加。Windows、Linuxなどのデータを消去することができる。

価格はFD(フロッピーディスク)版、CD-ROM版ともに1万8900円(税込)。

また、5本パックはFD版、CD-ROM版ともに8万5050円(税込)。

2014年4月のWindows XPサポート終了に伴い、企業、官公庁、教育機関等ではXP搭載パソコンのリプレースが進んでいる。

廃棄対象PCからの情報漏洩の防止も重要なポイントであり、「ディスクシュレッダー4・XP」はこうした問題に対応するもの。

関連URL

パーソナルメディア ウェブショップ

問い合わせ先

パーソナルメディア
sales@personal-media.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21