1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通/「K-12給食管理-学校版」クラウドサービス開始

2013年9月25日

富士通/「K-12給食管理-学校版」クラウドサービス開始

富士通は24日、小中学校の栄養教諭・学校栄養職員の業務負荷を軽減し、セキュアーな環境で、調理師との連携強化や他校との給食情報共有を可能にする、クラウドサービス「FUJITSU 文教ソリューション K-12 給食管理 学校版」を、10月上旬から販売すると発表した。

価格は1IDあたり、月額1万2000円(税別)。

主に小中学校を対象として、給食実施に関わるあらゆる情報を、富士通のデータセンターで一元管理し、献立作成(栄養価管理)や日々の食数管理などの給食業務を支援する機能を提供する。

複数の学校や給食センター間での給食献立、調理指示、食材発注データなどの情報共有が可能で、市・町単位の統一献立への対応や人気献立の共有、食材の一括発注、調理士への指示、「学校給食栄養報告」などの給食実施状況報告書の一括集計、などを支援する機能を持つ。

アレルギー対応献立作成支援機能など、食物アレルギー対策を効率的、かつ効果的に行うための機能も備える。

これにより、栄養教諭・学校栄養職員は、負荷が軽減され、食育指導の取り組みや食品の安全確保などの業務に注力でき、栄養教諭・学校栄養職員・調理師間の情報共有や、保護者とのより正確で効率的なコミュニケーションが出来るようになるという。

関連URL

FUJITSU 文教ソリューション K-12 校務支援
食育支援ソリューションサービス「食育ノート」

問い合わせ先

富士通 首都圏営業本部事業本部文教・ヘルスケアビジネス推進統括部 文教ビジネス推進部
電話 03-6252-2565

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21