1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. JAPET/「私立学校ICT整備費助成事業」推進に向け電子黒板展示会を開催

2013年9月26日

JAPET/「私立学校ICT整備費助成事業」推進に向け電子黒板展示会を開催

日本教育工学振興会(JAPET)は24、25の二日間、メーカー11社の電子黒板などを一堂に集めた展示会を、東京・飯田橋の東京都私学財団で開催した。

メーカー11社を集めた電子黒板展示会

電子黒板の機能、使い方、有効性などを知らせるとともに、東京都私学財団が行っている「私立学校ICT整備費事業」の認知拡大と利用促進を図ることを目的としている。

東京都私学財団では、都内の私立小学校、中学校、高等学校を対象に、ICTの環境整備を目的に、学校が電子黒板を活用するのに必要な経費の一部を助成する「私立学校ICT整備費事業」を実施している。

助成の対象は、電子黒板と電子黒板を稼働するのに必要な周辺機器の購入、運搬、設置にかかる費用で、各学年2セット+1セット(小学校13セット、中高校7セット)まで。

助成対象限度額は1セット当たり150万円で、助成率は経費の50%となっている。助成事業が実施されるのは、今年度までの予定。

電子黒板の種類も様々

来場していた都内私立高校の理科系教師は「今現在、学校にある電子黒板は1台だけだが、時代の流れを考えると、今後は各教室1台の実現を目指していくことになると思う。しかし、安いものでは無いので、機種選定には慎重にならざるをえない」と現状を語った。

また別の教師は「まずなにより、機能がすごくて使いこなす自信が無い。教材を作成したり、電子黒板を有効に活用した授業の進行を考えたり、どうやったら良いのかわからないというのが実情。パソコンだってはじめから覚えたんだから、やるしかないですけどね」と、電子黒板活用のハードルの高さを訴えていた。

関連URL

JAPET
東京都私学財団 助成事業

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21