1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. eラーニング戦略研究所/学習アプリ利用者の意識調査を公表

2013年9月30日

eラーニング戦略研究所/学習アプリ利用者の意識調査を公表

「デジタル・ナレッジ」が運営するeラーニング専門の研究所「eラーニング戦略研究所」は26日、学習アプリの利用に関する意識調査報告書を公開した。

7月19日~22日にかけて学習アプリの利用者100名にWebアンケートを実施した。

その結果、10代から高齢者までの幅広い年代が学習アプリ(ソフト)を利用しており、利用端末は「パソコン」81%、「スマートフォン」36%、「タブレット」27%となった。

学習アプリを使い始めたきっかけを利用端末別にみると、パソコン利用者は、「学習効果を期待して」が46.9%と最も多く、タブレット利用者の70.4%、スマートフォン利用者の61.1%が「スキマ時間に勉強ができる」と回答している。

学習アプリの満足度は、59%が「満足している」(「満足している11%」+「概ね満足している48%」)と回答し、「不満である」(「不満である2%」+「やや不満である4%」)の6%を大きく上回った。

アンケート調査概要

期 間:2013年7月19日(金)~7月22日(月)
方 法:Webアンケート方式
対 象:学習アプリ(ソフト)の利用者 計100名
性 別:男性63名(63%)、女性37名(37%)
年代内訳:19歳 1名(1%)、20~29歳 8名(8%)、30~39歳 24名(24%)、40~49歳 29名(29%)、50~59歳 23名(23%)、60~69歳 9名(9%)、70~76歳 6名(6%)

関連URL

学習アプリの利用に関する意識調査報告書 (サマリー)
調査報告書ダウンロード

問い合わせ先

デジタルナレッジ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21