1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 慶応大学ほか/8大学による電子書籍の総合的な実証実験の開始

2013年10月1日

慶応大学ほか/8大学による電子書籍の総合的な実証実験の開始

慶応大学大学は10月1日から、大学図書館電子学術書共同利用実験に参加している8大学合同で、大学図書館における電子書籍の活用に関する総合的な実証実験を行う。

参加校は、慶応大学大学(幹事校)、大阪大学、神戸大学、東京大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、福井大学、立命館大学。

これまで1大学あるいは単独機関による電子書籍に関する実験は行われてきたが、今回、日本の大学では初めて8大学の規模で合同実証実験を実施する。

専用アプリを搭載したiPadなどのデバイスを一定期間貸出して行うモニター実験や、電子書籍の発見性を高めるナビゲーション・システムの検討、学生や研究者などが電子書籍化を期待している書籍の調査、電子教科書の配信・利用実験などを行う。

今回の実験により、大学図書館に共通する電子書籍の「利用のイメージ」が明らかとなり、本格的な電子書籍サービスの実現に必要な基礎データが収集されることが期待される。また、実験期間中、参加大学と出版社との間でサービスの実用化に向けた話し合いも行っていく。

関連URL

慶応大学

問い合わせ先

慶応大学 広報室
03-5427-1541

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21