1. トップ
  2. ツール・教材
  3. リコー/持ち運びできる超短焦点プロジェクターを発売

2013年10月4日

リコー/持ち運びできる超短焦点プロジェクターを発売

リコーは2日、小型軽量・至近の持ち運び可能な超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4141NI / WX4141N / WX4141」3機種を9日から発売すると発表した。

本体標準価格はオープン。

製品は、2011年発売の「IPSiO(イプシオ) PJ WX4130N / WX4130」の後継機種。

輝度を3300ルーメンに引き上げて、明るい部屋でもメリハリのある鮮明な映像の投写が可能になった。

壁掛け設置が可能なので、教育現場やサイネージなど幅広いシーンで活用できる。

月間販台数、1000台を目指す。

関連URL

RICOH PJ WX4141NI
RICOH PJ WX4141N
RICOH PJ WX4141

問い合わせ先

リコー

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録