1. トップ
  2. 教育事例
  3. 公立はこだて未来大学/若手クリエーターを発掘する事業に学院生3名が採択

2013年10月10日

公立はこだて未来大学/若手クリエーターを発掘する事業に学院生3名が採択

公立はこだて未来大学は4日、情報処理推進機構(IPA)による2013年度「未踏IT人材発掘・育成事業」に大学院生3名(2件のプロジェクト)が採択されたと発表した。

採択されたのは、鈴木孝宏さん(修士1年)、テーマは「スマートフォン向け文章入力システムの開発」と、権瓶匠さん(修士2年)と村山寛明さん(修士2年)、テーマは「マンガ作家の海外展開を支援するプラットフォームの開発」。

IPA未踏IT人材発掘・育成事業は、IT技術を駆使したイノベーション創出ができる、独創的なアイデアを持った若手クリエーターを発掘し育成する事業。

今年度は119件の提案があり、17件のプロジェクトが採択された。

関連URL

2013年度「未踏IT人材発掘・育成事業」採択プロジェクトの決定について
2013年度未踏事業公募結果

問い合わせ先

公立はこだて未来大学
center-ml@fun.ac.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21