1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 博報堂DY/スマホで企業情報に触れる頻度 15~19歳の59.4%が「ほぼ毎日」見ている

2013年10月22日

博報堂DY/スマホで企業情報に触れる頻度 15~19歳の59.4%が「ほぼ毎日」見ている

博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターは18日、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」の第7回の調査結果(2013年8月実施)を元に、「スマートフォンでの商品・サービス・企業の情報接触」について分析し、その結果を発表した。

これによると、スマートフォン保有率は前回(2013年5月実施)と比較して+2.1ポイントの48.2%と、スマートフォンの普及が進んでいることが分かった。

15~19歳の世代では、73.5%が保有していると回答。

また、スマートフォンで商品・サービス・企業の情報(広告を除く)を見ている頻度についての質問では、全体の41.0%が「ほぼ毎日」と回答、「週に1日」まで含めると75.8%が企業情報を見ていることが分かった。

15~19歳の世代では、「ほぼ毎日」の回答が59.4%となった。

さらに、「ほぼ毎日」見ている割合をPCと比較すると、全体では+6.6ポイントほどPCが高いのに対し、年代別で見ると、10~20代では逆転してスマートフォンの方が高い傾向となった。

調査概要

時 期:2013年8月30~31日
地 域:全国
対 象:高校生~69歳男女のスマートフォンユーザー1000名(スクリーニング調査6658名)
方 法:インターネットアンケート調査

問い合わせ先

博報堂DYホールディングス グループ広報・IR室
電 話:03-6441-9062

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21