1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. IPA/未踏クリエーターらが「U-20プログラミング・コンテスト」で受賞

2013年10月23日

IPA/未踏クリエーターらが「U-20プログラミング・コンテスト」で受賞

情報処理推進機構(IPA)は22日、若手プログラマーの「才能の芽」の発掘を目的に経済産業省が主催する「第34回U-20プログラミング・コンテスト」で、未踏クリエーターの矢倉大夢さん(灘高校 普通科)、セキュリティ・キャンプ中央大会修了者である佐藤雄太さん(開成高校 普通科)が、経済産業大臣賞を受賞したと発表した。

矢倉大夢さんの作品は、オンラインジャッジを簡単に実現するためのオープンソースソフトウェア「Arrow Judge」。

佐藤 雄太さんの作品は、プログラミング言語「Fulyn」。

未踏クリエーターとは、独創的なアイディアとIT技術を持つ若い逸材を発掘・育成することを目的にIPAが行う「未踏事業」で採択された者のこと。

セキュリティ・キャンプとは、若年層の優秀なセキュリティ人材の発掘・育成を目的にIPAが行うイベント。

問い合わせ先

IPA

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21