1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日立電線ネットワークス/オールインワン認証アプライアンスを大学間ローミングに対応

2013年10月31日

日立電線ネットワークス/オールインワン認証アプライアンスを大学間ローミングに対応

日立電線ネットワークスは30日、開発・販売しているオールインワン認証アプライアンスサーバー「Account@Adapter」(アカウントアダプタ)に、国際無線LANローミング基盤eduroam (エデュローム)のRADIUS proxy(ラディウス・プロクシ)機能を実装したと発表した。

参考:「Account@Adapter」を用いたeduroam 認証のイメージ図

eduroamは、欧州研究教育ネットワーク協会(TERENA:Trans-European Research and Education Networking Association)で開発された教育・研究機関用の無線LAN ローミング基盤。

認証連携により、所属機関で発行されたアカウントがどこでも使え、参加機関のアクセスポイント、公衆無線LANサービスのアクセスポイントなどを利用できる。

相互認証への需要の高まりを受け、日立電線ネットワークスは「Account@Adapter」に大学間ローミングeduroamのRADIUS proxy機能を実装し、「ネットワーク認証」とeduroam認証とを、1台の認証サーバーで実現した。

関連URL

「Account@Adapter」
eduroam

問い合わせ先

日立電線ネットワークス

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録