1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. CAUA/オープンエデュケーションの影響について考えるシンポジウムを12月開催

2013年11月15日

CAUA/オープンエデュケーションの影響について考えるシンポジウムを12月開催

CTCアカデミックユーザーアソシエーション(CAUA)は、「CAUAシンポジウム2013 in 大阪」を12月2日にホテルグランヴィア大阪で開催する。

シンポジウムでは、MOOCに代表されるオープンエデュケ―ションについて、大学の存続や経営にもたらすプラスとマイナスの両方の影響を整理・検討し、今後の大学の在り方や情報化の行方について考える。

基調講演では、「オープンエデュケーション・MOOCsと大学の選択」というテーマで、北海道大学情報基盤センター 重田勝介准教授が登壇。

その他に、「オープンエデュケーションと大学経営を考える」と題したパネルディスカッションを実施する。

ディスカッションの前には、放送大学 山田恒夫教授による「MOOCの進化と質保証」、CCC-TIES 堀真寿美企画室長による「MOOCの次に来るもの」など、パネリストたちによる発表が行われる。

シンポジウム終了後には、講師との質疑応答や、参加者同士の交流の時間を設けるために情報交換会を行う。

概要

日 時:2013年12月2日(月)13:00~17:00 ※受付 12:45 ※情報交換会 17:00~19:00
会 場:ホテルグランヴィア大阪 20階 名庭B 大阪市北区梅田3丁目1番1号
定 員:70名(事前申込み制)
参加費:参加費無料 ※情報交換会は会費制
詳細・申し込み

問い合わせ先

CAUA事務局
電 話:03-6203-4411
caua-ad@ctc-g.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21