1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 文科省/「第16回OECD/Japanセミナー」を2月に開催

2013年11月18日

文科省/「第16回OECD/Japanセミナー」を2月に開催

文部科学省は、「第16回OECD/Japanセミナー」を2014年2月9日に仙台国際センターで開催する。

16回目となる今回は、「キーコンピテンシー/21世紀スキル」を軸に、OECDの最新の分析と、教育現場での実践の両面から議論を行う。

基調講演では、OECD教育・スキル局 アンドレアス・シュライヒャー次長が「21世紀スキル-PISA2012から」を、文部科学省職員が「日本の教育」をテーマに登壇。

普通講演では、ELTE大学 ガボー・ハラス教授による「21世紀スキルの涵養 -東北における実践から得られるもの-」、宮城教育大学 見上一幸学長による「ESDとキーコンピテンシー」、福島大学 三浦浩喜教授「OECD東北スクールの実践について」などの講演が行われる。

講演後にはパネルディスカッションも実施する。

概要

日時:2014年2月9日(日)
場所:仙台国際センター 宮城県仙台市青葉区青葉山
詳細

問い合わせ先

文部科学省 大臣官房国際課
電 話:03-5253-4111(内線2601)
j-seminar16@mext.go.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21