1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京都教委/“ICT活用のハードルを下げる” 教育フォーラムで実践例を紹介

2013年11月19日

東京都教委/“ICT活用のハードルを下げる” 教育フォーラムで実践例を紹介

東京都教育委員会は18日、東京都内の小・中・高校・特別支援学校の児童・生徒、教員や保護者を対象とした「2013年度ICT教育フォーラム」を虎ノ門会場の「ニッショーホール」で開催した。

「2013年度ICT教育フォーラム」虎ノ門会場

会場には、504名の学校関係者らが集まった。

「ICTで授業が変わる」をテーマにした第2部では、模擬授業や学習コンテンツの紹介、活用事例を発表した。

東京都には、都立高校、特別支援校、付属中学・中等教育学校など250校がある。「都立学校ICT化計画」では、これらの学校すべてをネットワークで結び、授業を分かりやすくするため、タブレット端末・プロジェクターなどを活用するとしている。電子教材の共有化も進めており、現在4000の学習コンテンツをWebで公開している(閲覧にはID、パスワードが必要)。第2部ではこうした身近で実践的な事例が紹介された。

「模擬授業」

都立杉並総合高校の高橋教諭による「模擬授業」は、スプーンを使った音の信号で飛行船を操縦するというもの。パワーポイントと動画を活用した授業を、生徒役の協力者数名とともに行った。

都立墨田川高校の椋本教諭

また、「効果的なICTの活用事例」では、都立墨田川高校の椋本教諭が取り組みを発表した。同校のICT活用に関する基本的コンセプトは「活用のハードルを下げる」だ。

これまで培ってきた授業スタイルに誇りを持つ教員にもICTを活用してもらえるよう、従来通りの授業の一部だけをICTに置き換えることを考えたという。

例えば、パワーポイントのスライドを直接、黒板に映し出すというもの。背景を黒に、文字を白にすることで読みやすく映し出せるなど、工夫が凝らされている。教員は板書に使う時間を節約でき、生徒がノートに写している間、ノートの取り方を指導できるといったメリットも生まれた。

都立農産高校の生徒らによる発表

授業でのICT活用を推進する同フォーラムは、19日には、武蔵野会場「武蔵野市民文化会館」でも開催する。

関連URL

東京都教育委員会

問い合わせ先

ICTフォーラム事務局
ict-kyoiku@try-sky.com

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21