1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセホールディングス/インドの教育サービス企業に最大1億円を出資

2013年11月25日

ベネッセホールディングス/インドの教育サービス企業に最大1億円を出資

ベネッセホールディングスは22日、教育サービスを展開するインドのInOpen Technologys(In Open)への出資を発表した。国内とアジアの新興国の社会的課題を解決する企業に出資するための設けた投資枠「ベネッセソーシャルインベストメントファシリティ」(BSIF)を通じて、11月に約2000万円を投資。来春までに合計で最大1億円までの出資を検討している。

投資対象のInOpenは、主力商品のコンピュータサイエンス教材「Computer Masti」を中心に、インド国内の小中学校の生徒を対象にサービスを提供し、現在インド国内で約50万人の子どもたちが利用している。

今回の出資は、InOpenの教材を使ったコンピュータサイエンス教育が、インド国内の低所得層を含めた子どもたちの将来の就労機会、所得向上につながり、社会的課題の解決に大きく役立つと考えて行われた。BSIFの投資先第1号となる。

今後、子どもたちの論理構成力や想像力を育む「新しい学び」を狙う商品を開発するという。

関連URL

ベネッセコーポレーション

問い合わせ先

ベネッセコーポレーション

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ