1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アナログトゥエルヴ/高い認識率の手書き文字認識エンジンを搭載した知育アプリをリリース

2013年12月17日

アナログトゥエルヴ/高い認識率の手書き文字認識エンジンを搭載した知育アプリをリリース

ANALOG TWELVE(アナログトゥエルヴ)は16日、スマートフォンやタブレットの画面に文字を書きながら楽しく学べる知育アプリ「もじガッキー」をGoogle Playからリリースした。

「もじガッキー」

iOS版は12月中にApp Storeから提供予定。

「もじガッキー」は、「東京農工大学中川研究室」が開発した手書き文字認識エンジンを、アナログトゥエルヴが独自チューニングしスマートフォン・タブレット向けとしたもの。

高速で高認識率を可能にした文字認識エンジンの「yubigaki」を搭載し、単語全てを画面に書きながら回答するという、実際の教育に近い方法での学習を可能にした。

また、動物や乗り物、果物など子どもに馴染みあるモノの名前を書く度に専用の音声とアニメーションの案内があり、ゲーム感覚で楽しく「ひらがな」「カタカナ」を学べる。

「指書き」と「ペン書き」の2モードを搭載し、 3段階で難易度され、文字が正確に書けたかの判定レベルも3段階で設定できる。

価格は「ひらがな」で、50音☓難易度(3段階)全150問の「無料パック」と、「カタカナ」で50音☓難易度(3段階)の「有料追加パック」全150問で税込み300円が設定されている。

今後は、英語パック(アルファベットの書き方と単語の練習)やキャラクターパック(新しいキャラクターで文字練習など)を追加する予定。

関連URL

ダウンロード Google Play

問い合わせ先

アナログトゥエルヴ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21