1. トップ
  2. データ・資料
  3. 【2013年の人気記事ベスト20】ICT教育ニュース

2013年12月27日

【2013年の人気記事ベスト20】ICT教育ニュース

ICT教育ニュース読者の皆様、今年1年ありがとうございました。

2013年1月15日にスタートしたICT教育ニュースですが、これまでに2,315件のニュースと「ズームイン」「動画ニュース」などの記事を公開してきました。

2013年の最後に、今年公開したニュース、記事などでアクセス数が多かったベスト20を発表します。読み逃した記事は、改めてチェックしてみて下さい。

■1位:「1人1台タブレット」「反転授業」ICT利活用教育推進へ準備着々/武雄市教委
・ICT教育ニュースの独自取材コーナー「ズームイン」に、11月6日に公開しました。
ICT教育の推進に積極的な武雄市の動向に、読者の関心が集まったようです。
ダントツの1位でした。2位の記事の3倍以上のアクセスがありました。

■2位:文科省/学びのイノベーション推進協議会「ICT活用の推進へ向けて」
・6月12日公開。長期間にわたってアクセスがありました。

■3位:子どもたちの『生きる力』を育む未来の学習空間「フューチャークラスルーム」/内田洋行
・9月4日「ズームイン」に公開。ICTを活用した「未来の教室」が見えてきます。

■4位:文科省/「教育ICT活用実践発表会」が盛況
・3月14日に公開。新政権下でのICT教育の進展を予感させるイベントでした。

■5位:「BookLooper」動き出した電子書籍配信サービス/KCCS
・7月23日「ズームイン」に公開。デジタル教科書や電子書籍配信サービスへの関心も高いようです。

■6位:文科省/2014年度予算にICT教育関連で22億円を計上
・9月2日に公開。やはり、なにはなくても予算がないと進みません。

■7位:武雄市教委/「iOS」か「Android」 か「Windows8」か 協議会答申を公表
・8月27日公開。1人1台のタブレットが何になるか。注目されていました。

■8位:ドリコム/教育×インターネット「Ed Tech Night」熱く開催
・11月20日公開。ICT教育分野における起業にも、熱い視線が送られています。

■9位:JMOOC/日本版MOOC設立 来春から講義をネットで無料配信
・10月12日公開。大学関係者の注目を一気に集める世界的なトレンド「MOOC」。来年はどうなることでしょうか。

■10位:数研出版/Studyaid D.B. 2013年春商品を発売開始
・3月7日公開。利用者がおおいんでしょうね。

■11位:新たな学びを創造する教育支援システム/SSP
・2月20日「ズームイン」に公開。教育ICT分野の老舗シャープの「スタディーシリーズ」を紹介。

■12位:GKB48/第二回教育カンファレンス「つながる教育、つなげる未来」熱く開催
・9月11日公開。学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(GKB48)が開催した、TED方式の熱いカンファレンス。

■13位:東京書籍/「まなデジ」でiPadアプリ電子教科書Free版を公開中
・7月23日公開。ポイントは、無料版の電子教科書アプリというところでしょうか。

■14位:佐賀県教委/全県立高校に「Windows 8 Proタブレット」の導入を決定
・7月11日公開。注目のタブレットOSが「Windows 8 Pro」に決まったというニュース。最近の機種決定も、注目されていました。

■15位:ICT教育の現場から/Z会 寺西隆行の「主体性を育むタブレット授業」報告~千葉県立袖ヶ浦高校~
・6月24日「ズームイン」に公開。Z会寺西さんに寄稿いただいた千葉袖ヶ浦高校のiPad導入レポート。

■16位:武雄市ICT教育推進委員会/デバイス導入最終答申で機種限定せず
・9月20日公開。機種を決めなかったのがニュース、というニュース。

■17位:文科省/「学びのイノベーション推進協議会」開催
・6月8日公開。文科省の動きは注目されていますね。

■18位:<動画ニュース>「未来の文房具」ロイロノート/LoiLo
・3月18日「動画ニュース」に公開。iPad用のビデオ編集アプリとして人気の「ロイロノート」の開発者インタビューと使い方を紹介した動画です。

■19位:佐賀県教委/1人1台タブレットの機種を決定
・12月16日公開。公開から10足らずでこの順位。注目の高さが伺えます。

■20位:図書館総合展/「武雄市図書館の検証」で熱い議論
・10月31日公開。市長VS学者の熱き討論がありました。

今年のキーワードは「佐賀県」「武雄市」「1人1台」「タブレット」「デジタル教科書」「MOOC」「学びのイノベーション」などでしたが、来年はどうなるでしょうか。ICT教育ニュースは、ICT教育産業界、教育関係者、先生方など幅広い方々のニーズに応えて参ります。

来年もよろしくお願いいたします。

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21