1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソフトバンクBB/栄光ゼミナールに「iPad mini」1万台納入

2014年1月14日

ソフトバンクBB/栄光ゼミナールに「iPad mini」1万台納入

ソフトバンクBBは10日、学習塾の経営を行う栄光に「iPad mini(Wi-Fiモデル)」1万台を、販売パートナーを通じて納入すると発表した。

栄光では、授業内容の確認テストなどを、Webを活用して提供するほか、学習カリキュラムや宿題の確認、成績管理を生徒個人で行える専用ページ「CATS(=Computer Assisted Training System)マイページ」を導入するなど、Webを利用した教育環境の提供に取り組んでいる。

さらなる充実を図るため、通塾する小学校4年生、中学校1年生、高校1年生を対象に「iPad mini」の導入を決定。

ソフトバンクBBは、栄光への「iPad mini」導入にあたり、効果的な活用ができるよう、設計、運用、管理方法など導入時のコンサルティングを実施した。

栄光は、首都圏を中心に「栄光ゼミナール」など約430校、7万人の小・中・高生が学ぶ学習塾を経営している。

問い合わせ先

ソフトバンクBB

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録