1. トップ
  2. ツール・教材
  3. レゴ エデュケーション/レゴブロックを使って言語教育を行う教材 4月発売

2014年1月16日

レゴ エデュケーション/レゴブロックを使って言語教育を行う教材 4月発売

レゴ エデュケーションは15日、レゴブロックを使って言語教育を行う教材「StoryStarter(ストーリースターター)」を4月に発売すると発表した。

言語教育教材「StoryStarter」

「StoryStarter」は、グループで考えた物語をレゴブロックで再現してタブレットなどで撮影し、写真を新聞風や漫画風に仕立て上げてプレゼンテーションを行う教材。小中高等学校の国語や英語、社会、総合などさまざまな教科の指導要領に合わせて利用できる。

授業では、グループ活動を想定し、5名分のレゴが1セットなった「コアセット」を使用する。レゴ作品を撮影し、画像に文書を加えるなどの編集が行える「ソフトウェア」を使い、生徒たちがチームを作り、アイディアや意見のシェア、ディスカッションをしながら、物語作りや撮影・編集、発表を行い、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力を育む。

レゴ エデュケーション ヤコブ・クラウCEOは、「StoryStarter」で子どもたちが学校に行くことを楽しく思うようにしたいと語った

手を使いながら物語を作る過程で、考えを論理的にまとめ、アイディアを具現化するという自発的な活動を行い、より深い学びを引き出すという。

「ソフトウェア」は、発売時はWindows、MAC、iOSに対応し、3ヶ月以内にAndroidなどそのほかのOSにも対応する予定。

世界では、すでにアメリカとロシアで発売をしており、2014年から販売国を広げ、2018年に10万教室、55万台の導入を目指している。日本では2017年までに、2500校、1万5000台の導入を目指す。

関連URL

レゴジャパン

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21