1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 箕面市/193万で学校情報共有システム構築業務の入札を公示

2014年1月17日

箕面市/193万で学校情報共有システム構築業務の入札を公示

大阪府箕面市は14日、クラウド型の学校情報共有システムの構築業務に関する一般競争入札を公示した。予定価格は、193万7000円(消費税・地方消費税相当額を除く)。

入札は、市内全小中学校への教職員用パソコンの導入にあわせて、学校情報共有システムを構築し、教職員同士や教職員と市教育委員会との円滑な情報共有や、校務の効率化、事務処理時間の削減を図るのが目的。

システムの標準機能として、ホーム画面、メール機能、掲示板・回覧板機能、学校行事予定機能、個人スケジュール機能などを予定している。

概要

件 名:箕面市学校情報共有システム構築業務
学校情報共有システム構築業務委託期間:契約締結日から2014年3月31日
クラウド型サービス提供業務契約期間:学校情報共有システムの稼働開始日から2019年3月31日まで
入札方式:価格と価格以外の評価により落札者を決定する総合評価落札方式による一般競争入札とする
質問書の受付期限:2014年1月20日(月)17:00まで
入札期日:2014年2月3日(月)10:00~12:00
詳細

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録