1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 化学情報協会/ SciFinder 活用状況情報交換プログラムの募集開始

2014年1月29日

化学情報協会/ SciFinder 活用状況情報交換プログラムの募集開始

化学情報協会は28日、Chemical Abstracts Service (CAS) が化学情報に興味のある世界中の博士課程の学生・ポスドクを対象とした情報交換プログラム「SciFinder Future Leaders in Chemistry プログラム」 の参加者募集を開始したと発表した。

2010 年にスタートしたこのプログラムは、化学情報の権威 CAS が化学分野における世界中の若手研究者と化学情報の動向や活用に関する意見を交換するという企画で、今年で 5 回目。

参加希望者は日々の研究でのSciFinder 活用状況をエッセイにまとめ応募。

CASの審査を経て、優秀なエッセイ応募者を米国オハイオ州コロンバスのCAS 本部や米国化学会年会に招待する。

応募期限は 2014 年 3 月 30 日。

これまでに参加した日本の学生は、「世界中から集まった学生との議論や交流が大きな刺激となった」との感想を寄せている。

SciFinder は化学者を中心とする科学者向けの研究ツール、科学者が生産性を上げ、新しい発見を加速するために必要不可欠なコンテンツと機能を提供する。

関連URL

化学情報協会

問い合わせ先

化学情報協会
電 話:03-5978-3608

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録