1. トップ
  2. ツール・教材
  3. エプソンダイレクト/Windows 8.1 Proが搭載できるタブレット

2014年1月30日

エプソンダイレクト/Windows 8.1 Proが搭載できるタブレット

エプソンダイレクトは28日、ビジネスタブレットの新モデル「Endeavor TN10E」の注文受付をオンラインショッピングサイトとコールセンターで開始した。出荷は2月下旬から開始する予定。

「Endeavor TN10E」はエプソンダイレクト初となるタブレット。OSはWindows 8.1とWindows 8.1 Proがある。

マイクロソフトOffice2013やWindowsアプリケーション、周辺機器が使え、ネットワークに参加できるほか、これまでのWindows資産を活用することができる。

11.6型液晶画面は、高輝度、広視野角で、フルHD(1920×1080)の高精細な解像度を備えている。

10点マルチタッチに対応。オプションの電磁誘導式のデジタイザーペンを使い、一般的な静電方式スタイラスペンよりも細かな入力が可能。

質量は800gを切る約780gを実現した。

販売価格は、Windows 8.1版が7万3500円、Windows 8.1 Pro版が8万4000円。

問い合わせ先

エプソンダイレクト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録