1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 武雄市/1人1台タブレットの機種決定

2014年1月30日

武雄市/1人1台タブレットの機種決定

佐賀県武雄市は28日、4月から市内の小学校の生徒に1人1台ずつ貸与するタブレット端末の機種を発表した。

武雄市が選定した「KEIAN M716-PS」

プロポーザルの結果、恵安の7インチタブレット「KEIAN M716-PS」が、軽量で持ち運びやすく、反転授業で使用する動画などのアプリケーションの動作にも優れていたことから選ばれた。

タブレット端末は、武雄市の特別仕様のモデルで、OSはAndoroid4.2、ストレージは16GBで、保護カバーや保護フィルムを装着している。

3月までに小学校に配備し、4月からタブレットを使った学習に取り組むという。

関連URL

武雄市

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録