1. トップ
  2. ツール・教材
  3. IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

2014年2月6日

IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は4日、クラウドサービスの利用により、意図せずに機密情報を漏洩する場合があるとして注意を呼びかけた。

クラウドサービスの一つとしてIME (Input Method Editorアイエムイー)を挙げ、「クラウド変換機能」が有効になっているのを、利用者が知らないで使うと、本来外部に出してはいけない情報が、気づかないうちに入力内容として外部に送信されるとして注意を促している。

関連URL

IPA 情報セキュリティ2月の呼びかけ

問い合わせ先

情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
電 話:03-5978-7591
isec-info@ipa.go.jp

EDIX2017会場でClassiを体験! 「先生の授業・生徒指導」「生徒の学習」を支援するクラウドサービス 導入事例はこちら
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
出展情報・商談予約 5月17日〜19日開催 EDIX2017 出展社特集
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • 第8回教育ITソリューションEXPO 東京ビッグサイト西ホール1F 小間No.6-30 プリンストンブースのご案内はこちらから!
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21