1. トップ
  2. ツール・教材
  3. IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

2014年2月6日

IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は4日、クラウドサービスの利用により、意図せずに機密情報を漏洩する場合があるとして注意を呼びかけた。

クラウドサービスの一つとしてIME (Input Method Editorアイエムイー)を挙げ、「クラウド変換機能」が有効になっているのを、利用者が知らないで使うと、本来外部に出してはいけない情報が、気づかないうちに入力内容として外部に送信されるとして注意を促している。

関連URL

IPA 情報セキュリティ2月の呼びかけ

問い合わせ先

情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
電 話:03-5978-7591
isec-info@ipa.go.jp

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録