1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

2014年2月7日

日立/明るい場所でも見やすいプロジェクター向け映像処理技術

日立製作所は5日、外光が射し込む明るい場所でも高い視認性が得られるプロジェクターの実現に向けて、高精細映像を毎秒60フレームでリアルタイム処理する映像処理技術を開発した。

表示する映像信号を人の視覚特性に基づいて分析し、映像を視認するために重要な成分を抽出・強調することで、視認性を高めた映像表示を実現する技術。

これによって、プロジェクターの映像出力(光源の輝度)を上げることなく、見やすい映像を表示することができる。

また、さまざまな製品への搭載に向け、実装するハードウェアの構造に合わせて処理アルゴリズムを最適化し、小型のハードウェアで高精細映像のリアルタイム処理を実現した。

プロジェクターはもちろん、車載モニター、監視モニターなどの映像を見やすくすることも可能になり、広範囲な分野への活用が期待できるとしている。

問い合わせ先

日立マクセル

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録