1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ベストティーチャー/「Best Teacher」を英語教材プラットフォーム化

2014年2月17日

ベストティーチャー/「Best Teacher」を英語教材プラットフォーム化

ベストティーチャーは12日、あらゆるシーンでWritingレッスンとSpeakingレッスンが受講できるオンラインスクール「Best Teacher」を、英語教材プラットフォーム化すると発表した。

英語教材プラットフォーム化イメージ

第一弾として、Z会CA と連携し松本茂監修で3月10日発売の新刊「英語トピックスピーキング」を教材に、書籍で学んだことをすぐにオンラインで外国人と実践できる環境を提供する。

Best Teacherに用意されているシーンに加え、書籍「英語トピックスピーキング」のシーンでもレッスンが可能になる。

書籍とオンライン英会話の融合イメージ

Best Teacherはこれまで、日常英会話200シーン、ビジネス英会話200シーンの計400シーンを提供してきたが、今後は受講可能なシーンを追加する。

今回は、「英語トピックスピーキング」を購入しキャンペーンコードをBest Teacherで入力して有料会員になれば、書籍にあわせた100シーンをもとにWritingレッスンとSpeakingレッスンを利用する機会を提供する。

問い合わせ先

ベストティーチャー
t.miyachi@best-teacher-inc.com

 

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録