1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ワコム/手書きデータを共有できる仕組みを開発

2014年3月3日

ワコム/手書きデータを共有できる仕組みを開発

ワコムは2月27日、ユーザーが作成した手書き「デジタル・インク」データをコンピューターのOSやハードウェア、アプリケーション・ソフトなどの違いを越えて、自在に共有できる仕組みを開発したと発表した。

同技術は、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress」でも公表した。

ワコムは、この仕組みを「WILL(Wacom Ink Layer Language)」と名付け、デジタル・インクの新たな業界標準とすべく提唱する。

同時に、さまざまな企業に幅広く提案し、各社の商品、ソフト、サービスなどに、WILLを組み込むためのSDK (Software Developer’s Kit)(*1)を提供する。

(*1) SDK: WILLの「インクデータフォーマット」によって、利用するデジタル・インクのタイプに関わらず手書き筆跡を表現できる。既存のほとんどのプラットフォーム上で一貫したデジタル・インクの表現を提供する「インクエンジン」を有し、種々のグラフィックス・ツールやインク機能を備える。

問い合わせ先

ワコム

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21