1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 凸版印刷/国宝「東寺百合文書」をデジタル化

2014年3月4日

凸版印刷/国宝「東寺百合文書」をデジタル化

Webのトップ画面

凸版印刷は2月28日、収蔵資料・書籍管理サービス「Toppan Document Solution SAI-CHI」(以下 SAI-CHI)が、京都府立総合資料館が所蔵する国宝「東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)」のデジタル化や、ホームページの公開作業に採用されたと発表した。

「SAI-CHI」は、資料や書籍のデジタル化から保管・管理、公開までをトータルで支援するサービス。

凸版印刷は、「SAI-CHI」を使い、「東寺百合文書」の全文書の高精細デジタル化と資料データの管理、ホームページでの公開作業を実施した。全文書の横断検索を可能にしたほか、子ども向けに解説したWebページ「Kid’sひゃくごう」や、ブログ形式で紹介した「百合百話」などのコンテンツも制作。

また、今回デジタル化を行った「東寺百合文書」は、全国の文化財画像で初めて、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(*1)を採用。デジタル画像は、京都府立総合資料館所蔵を明示した上で、改変を含め自由に利用できる。

国宝「東寺百合文書」は、奈良時代から江戸時代にかけて約1000年もの間、京都の教王護国寺(きょうおうごこくじ)東寺に伝えられてきたとされる約2万5000通の文書。

デジタルアーカイブ作業風景(左)、「東寺百合文書」の一部(右)

(*1)クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:著作物の使用許可を明示するライセンス。

関連URL

東寺百合文書WEB

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21