1. トップ
  2. データ・資料
  3. IDC Japan/2013年タブレット出荷台数前年比67.2%増の743万台 

2014年3月12日

IDC Japan/2013年タブレット出荷台数前年比67.2%増の743万台 

IDC Japanは11日、2013年通年と第4四半期(10月~12月)における日本でのタブレット端末の出荷台数を発表した。

2013年第4四半期の出荷台数は、前年同期比21.5%増の223万台。

プラス成長の要因には、アップルの「iPadシリーズ」の出荷が好調であったこと、NTTドコモ向け4G回線付きアンドロイド端末の販売が安定して推移していること、そしてマイクロソフトの「Windowsシリーズ」端末の出荷が急拡大したことなどがあったという。

2013年通年の出荷台数は、前年比67.2%増の743万台。

個人市場向けで、低価格帯モデルに限らずハイエンド端末の出荷も増加したこと、法人市場向けで、年間を通してiOS端末の買い替え需要とWi-Fi対応の新規需要が堅調であったことが出荷台数をのばしたという。

ベンダー別のシェアでは、第1位はアップルで43.8%、第2位はエイスースで17.1%。第3位以下はマイクロソフト、アマゾン、そしてソニーが続く結果となった。

今後の見通しについて、「2014年の上半期にNTTドコモがiPadの販売を開始すると見込んでおり、同市場におけるiOSの占有率はさらに上昇する可能性が高い。また法人市場においては、特に教育分野でタブレット需要が拡大していく可能性が高い」とIDC Japanの木村融人シニアマーケットアナリストは述べている。

関連URL

IDC Japan

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21