1. トップ
  2. ツール・教材
  3. リクルート/教育機関向けオンライン英会話サービス4月スタート

2014年3月17日

リクルート/教育機関向けオンライン英会話サービス4月スタート

リクルートマーケティングパートナーズは13日、教育機関(大学・短大・専門学校等)の授業を意識して開発した、「生きた英語」を身につけることができるオンライン英会話サービス、「英会話サプリ」を4月1日からスタートすると発表した。

英会話サプリの画面イメージ

「英会話サプリ」は、TESOL資格(*1)を保有し、更に独自のトレーニングプログラムで育成されたフィリピン人の講師と、Skypeを利用し、マンツーマンでレッスンを行うサービス。 スマホやPCを使って、ネットでレッスンを予約(日時・講師・カリキュラム選択)、Skypeで朝7時~深夜1時までマンツーマンレッスンを受講する。

リクルートマーケティングパートナーズでは学生の「聞く・話す」といった英会話能力の向上に貢献するため、留学前後や就職活動前、授業の補完ツールとして、また「自学」の習慣と環境を学内に構築する一歩として、教育機関(大学・短大・専門学校等)向けのオンライン英会話サービス「英会話サプリ」を開発した。

2013年11月から、35校で試験導入を実施。東京大学での試験利用を始め、愛知県立大学外国語学部などで海外の学会発表や留学に向けたトレーニングや、課外教材として利用。専門学校では、駿台トラベル&ホテル専門学校で英語会話力の強化のため授業に導入した。

試験導入後の利用者アンケート(回答者1757人)のうち約81%が講師の態度に対して「非常に満足している」と回答。また、約73%が講師の教え方に対して「非常に満足している」と回答したという。

(*1): TESOL (Teaching English to Speakers of Other Language)資格とは、英語を母国語としない人に英語を教えるための資格。

問い合わせ先

リクルートマーケティングパートナーズ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21